Magswitch UR10絶縁コボットマグネットベース– 81001289

当社のMagswitchUR10絶縁コボットMagBaseは、協調型ロボットアームでの使用を目的としています。 コボットマグネットベースは、手首をひねるだけで、10kgのペイロード協働ロボットを鉄系材料にしっかりと固定します。 マグスイッチピボットアレイは、平らな円筒形の表面に固定でき、エンドエフェクタが最大半径にあるときの剥離のリスクを減らすために広いフットプリントを備えています。 アレイのピボットポイントには、電気的に絶縁されたブッシングとワッシャーが含まれており、部品/基板の溶接と静的過渡電圧がロボットのアースから確実に分離されます。 デフォルトの取り付けパターンについては、以下の寸法図を参照してください。 リクエストに応じて、カスタムパターンを組み込むことができます。

ユニバーシアルロボティクスプラス認定

SKU: 81001289.
カテゴリー: , .

【仕様】

最大離脱力 1,2 4960ポンド/ 2250キロ
最大せん断 1,2 1088ポンド/ 494キロ
個々の磁極の設置面積 2.8インチx11.7インチ/ 71 mm x 296 mm
全体的な磁極の設置面積  15.0″ x 11.7″ / 381 mm x 296 mm
正味重量 66ポンド/ 30キロ

 

材料の厚さ– mm(in) 1.5
(.059)
1.9
(.075)
2.7
(.106)
3
(.118)
3.5
(.138)
4.76
(.187)
6.35
(.250)
9.53
(0.375)
12.7
(0.500)
19.05
(0.750)
最大力– kg(lbs) 161.6
(356)
215.9
(476)
357.1
(787)
371.9
(820)
413.7
(912)
570
(1257)
879.4
(1939)
1044
(2302)
1092
(2407)
1125
(2480)

 

SWL(安全な作動荷重)=最大力 5/安全力(≥5)

1 2インチの厚さのSAE1018鋼を実験室環境で測定し、表面粗さが63マイクロインチで、最適化されたポールシューズを使用。 多くの要因が、各アプリケーションの実際の離脱力と安全な作業負荷に影響します。 導入前に、Magswitchアプリケーションエンジニアに相談し、各アプリケーションでMagswitchをテストしてください。
2 すべてのデータは、フラットポールシューズを取り付けたユニットに適用されます。
3 SAE1018スチールで決定L = 200mm W = 200mm。
4 値は+/- 5%異なる場合があります。
5 上記の最大力は安全な持ち上げ力ではありません。 設計者は、ツールを指定するときに安全率を考慮する必要があります。 Magswitchは、ほとんどのアプリケーションでSWL = 5:1を推奨しています。

お問合せ

製品のお問い合わせは以下のフォームをご利用ください。 アプリケーションの支援が必要ですか? クリック 代わりに!